地域づくり団体紹介
小標準大
ラブリバーバチカワネットワーク
ラブリバー撥川ネットワーク
北九州市
お知らせ
団体の代表者 エジマツトム
江島 勉
事務局連絡先 的場 成子
住 所 〒-
福岡県北九州市八幡西区黒崎1-1-1
T E L 093-642-1001
F A X
W E B
E - mail
設立年月 平成17年11月(設立予定を含む)
設立目的 副都心黒崎の中心部を流れている撥川が都市化により、ドブ川化していたものを市が自然あふれる川に変身させた。これを機に地域住民の責務としてふるさとの川を守ろうと「ラブリバー撥川ネットワーク」を立ち上げた。
団体のタイプ イベント 環境・景観 交流  ネットワーク
設立主体    
運営主体    
団体構成 総人数 108
団体構成員エリア
NPO法人格 法人格の有無
法人格取得
(予定日)
活動内容 研修会、実践活動等(イベント実施等)、他団体との交流、先進事例視察(国内)、会報の発行、ホタル祭り、自然災害地への支援活動
活動実例 川の清掃活動を通じて、子ども達に命の大切さと自然環境の大事さを伝えている。
撥川に昔ホタルが乱舞していたということを知り、環境のシンボルであるホタルを復活させようと10年前から幼虫の人口飼育に取り組み、幼虫の放流を重ね、平成26年ごろからホタルが復活。約400匹のホタルが飛翔するようになった。近くの黒畑小学校、黒崎中学校にホタルを育てる「部活」エコ・ガーディニング部が発足。毎年、北九州市立子どもの館で「ホタルの講演会」を実施。平成28年8月には黒崎井筒屋の正面玄関ホールをお借りし、2日間にわたり、自由研究イベントとして「ホタルの赤ちゃん講演会」を開催(参加者400名)
表彰実績
団体PR
管理
| トップページへ